FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金を稼ぐ!勉強法

51n.jpg
お金を稼ぐ!勉強法


ここまで具体的な、まさに「実用書」は初めて読んだ気がする。

早起きして仕事までの時間を勉強に充てよう!

と書いてあることは多いが、この本はもっとそれを掘り下げて

「こんなベッドと目覚ましを買って、会社が何時に始まるなら、何時間前にはオフィスに着いて、朝はこんな勉強をしよう。」

と具体的に書いてある。

また、投資というのはギャンブル性の高いもので、帰ってきたり、帰ってこなかったりするものだと思っていたのだが、

「大人の投資は必ず回収する。」
と言った、珍しい考え方にも触れることができた。


しかし・・・・・・
会社に縛られるな。と書いてあるものの、

会社から離れた家に住んで、ON/OFFを切り替える。

先にも述べたように、始業時間の何時間前に会社について勉強をする。

逆説的ではあるが、縛られたくなさすぎて、

返って会社主体の考え方になっていると感じた。

実はこの本と同時に、ホリエモンの

「君がオヤジになる前に」を読んでいた。

そのせいか、この本の世界が狭いように見えてしまった、というのが正直なところ。

確かにごもっともだし、ホリエモンのように

「会社を辞めて、何千万の借金をして会社を立ち上げる。」

なんて発想の方が大それている。

でも結局、はなから「週末起業」なんて言っていて満足のいく成功ができるのかな?と疑問にも思った。

もちろん僕は大学生という社会的にかなり自由な環境にいるため、

本書に書かれていることに夢がないとか好き勝手言わせてもらっているが、

もし自分が社会人で、自分の力で生きていかなければいけない

ということを知っていたら、会社を今辞めるなんて思えないはずだ。

それこそ死ぬほど恐ろしいだろう。

実用書としての可能性は限りなく高く、

今日から始められそうなことが具体的に書き連ねてあり、

「よし、明日からこの本に書いてあること以上に努力するぞ!」と言った気持ちになる。

多分そういった狙いで書かれているんだろう。

敷かれたレールの上を走る人生なんていやだ!と思ってる僕みたいな夢豊かな大学生はあまり読むべきではないかも。

しかし、現実的に今の生活を脱しようと考えている人には、得るものがかなり大きいはずだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴかりん

Author:ぴかりん
山手線の真ん中あたりにある大学に通う大学2年生。平日はやることないし、通学に往復3時間かかるし。。。本読もう!って思ったんですが、何を読んだらいいのやら。そんな僕のような大学生のために、一日一冊レビューしてみようかなって思いました!良かったら見ていってください!

月別アーカイブ

訪問者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
4249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
2159位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。